ガラスコーティングとは

ガラスコーティングは、車の表面にガラス皮膜を形成し、表面を保護することで、ボディをさまざまなダメージから守り、愛車に美しく深い艶を与えます。 TENFEELでは、保管場所や洗車環境、お車のボディカラーや使用状況などから、最適なコーティングを提供できるように、数種類のコーティングをラインナップしております。

新車、中古車、国産車、輸入車を問わず、愛車のボディケアの事ならなんでもご相談ください。
お求めやすい施工価格で、最高のサービスを提供させていただきます。

下記バナーをクリックいただくと、ポップアップにて詳細が表示されます。

自動車ケミカルメーカー最大手SOFT99が誇る、最上級のガラスコーティング剤。 まるでクリスタルガラスでボディを包み込んだかのような透きとおる輝きと、思わず見入ってしまうほどの凄まじい撥水力を誇る最先端ガラス系ボディコーティング
リアルガラスコートの撥水性と耐久性はそのままに仕上がりの艶感を高めた、リアルガラスコートの上位製品。 親水を超えた最先端の疎水性ガラスコーティング
高耐久性と優れた密着性、防汚性能を持つ弱親水性皮膜のシリカガラスコーティングです。 高耐久性、耐候性、防汚性に撥水性能をプラス。深みのある光沢でボディを汚れから守ります。
優れた膜厚感と濡れたような重厚な艶があり、独自の滑水性被膜が、ウォータースポットや汚れの付着を軽減します。 TENFEELでは、ボディコーティングだけでなく、ホイールコーティングやガラス撥水コートなど、各種オプションメニューもご用意しております。お気軽にご相談ください。

下地処理

ガラスコーティングにおいて下地処理(ボディ磨き)は大変重要な作業です。
洗車や飛び石による傷、付着したピッチやタール、鉄粉や酸化物質、紫外線によるシミや水垢による汚れ、ボディにはこれらの傷、汚れが多数あります。
コーティング前には、それぞれ状態に応じた処理をする必要があります。
いくら良いコーティング材料を使用しても、下地処理が不十分では、せっかくの良いコーティング性能も半減してしまいます。
たとえ新車でも、風雨にさらされることなく、お客様の元まで届けられる事はありません。
サービスとして行われる納車前の洗車で洗車傷を付けてしまうことも・・・・。

「どこまで磨く?」は磨き作業をする施工店にとって、大きなポイントです。
塗装の膜は非常に薄い膜です。何度もハードな研磨が出来るわけではありません。
磨けば磨くほど塗装面は綺麗になりますが、その分塗装膜は薄くなり、最後には下地まで達して「・・・・・。」という事にもなりかねません。
また、薄い塗装膜はダメージを受けやすく、次に何かあっても磨く事が出来なくなります。

TENFEELでは、お車に応じた研磨作業で、ガラスコーティングの性能を十分に発揮する下地処理を行います。

保障とメンテナンス 

よくあるご質問に、「コーティングって何年もつの?」というのがあります。
施工後のコーティング膜の持続期間は、そのお車の使用状況、保管状況、メンテナンスにより大きく異なります。
特に、コーティング成分の安定する1ヶ月間のメンテナンスはとても重要です。
他店では「5年保障」など、保障付きの施工をされているお店もありますが、実際はどうでしょうか?
1年たらずで効果がなくなったり、、1年毎の有料メンテナンスが条件であったり・・・。
その場合、結局1年毎の再施工に近いですよね?(もちろん有料で) 。
確かに、ガラスコーティングは日々進化し、数年前の製品と比較すると、持続力は確実に高くなっています。
しかし、その効果を発揮する為には、適切なメンテナンスも必要となります。
TENFEELでは、保障という形はあえてとらず、必要な時に必要なメンテナンスで施工後のサポートをいたします。

当店での施工車両はもちろん、他店で施工したお車、ガラスコートしていないお車のボディケアもお気軽にご相談下さい。 ※メンテナンス内容により有料となります。